診療内容

診療科目

心療内科 精神科

※詳細及び予約についてはお気軽に受付までご相談ください。

※上記のような心の病気の診断と治療、心の健康相談や家族相談等も行っております。

西江こころの臨床研究所(カウンセリング)

西江こころの臨床研究所(カウンセリング)

当院併設の「西江こころの臨床研究所」では、2名の臨床心理士と2名のカウンセラーによるカウンセリングを行っております。詳しくはこちら

代表される病気について

代表される病気について

うつ病

よく見られる症状

精神症状:やる気が出ない、憂うつ感がある、眠れない、何事も億劫である、興味が湧かないなど
身体症状:食欲がない、疲れやすい、だるい、頭痛、めまい、耳鳴り、首や肩のこりなど

うつ病とは、だれにでもかかる可能性のある、ごくありふれた病気です。意欲や気力が衰えて感情や興味が失われ、仕事や家事ができなくなってしまいます。さらに自分にあせりをかんじたり、もういなくなった方が楽だという気持ちになってしまうこともあります。うつ病の発症に最も強くかかわっているのがストレスです。たとえば、身近な人との死別や、離婚などの喪失体験、転職やリストラ、引っ越しなどの、環境の変化などがあげられます。体の症状が前面に出る場合もあります。上記のような症状があり、内科を受診しても原因がわからない場合は、うつ病を疑いましょう。

双極性障害

よく見られる症状

躁状態:テンションが高い・睡眠不足でも平気・イライラする・短気・何でもできそう・偉くなった気がするなど
うつ状態:憂鬱になりやる気が起きない・億劫になる・昼間から寝てばかりいる・死にたくなるなど

双極性障害とは、躁状態とうつ状態を繰り返す脳の病気で、誰でもかかる可能性があります。双極性障害には激しい躁状態とうつ状態を繰り返す双極性Ⅰ型障害と、軽い躁状態と軽いうつ状態を繰り返す双極性Ⅱ型障害があります。また双極性障害は、調子の良い状態と再発を繰り返しやすい為、周囲の方々の理解が必要となります。うつ病として、長期間の治療をしてもなかなか改善しない場合は、双極性障害(特にⅡ型)の可能性があり、注意が必要です。

統合失調

よく見られる症状

陽性症状:音や気配に敏感、頭の中が騒がしい、常に非難中傷されている気になるなど
陰性症状:根気・集中力が続かない、意欲がわかない、考えがまとまらないなど

統合失調症とは、幻覚や妄想という症状が特徴的な精神疾患です。それに伴って、人々と交流しながら家族や社会で生活を営む機能が障害を受け(生活の障害)、「感覚・思考・行動が病気のために歪んでいる」ことを自分で振り返って考えることが難しくなりやすい(病識の障害)、という特徴を併せ持っています。様々な刺激を伝えあう脳をはじめとした神経系が障害され、ドーパミン系やセロトニン系といった、緊張-リラックスを司る神経系や、意欲やその持続に関連する神経系、情報処理・認知に関する何らかの神経系にトラブルが起きているといわれています。

認知症

よく見られる症状

中核症状:新しい事が覚えられない記憶障害、日付・人・場所がわからなくなる見当識障害、計画をたてたり手順をふむことが困難になる実行機能障害、抽象的表現や複数の情報理解・判断力の障害、失語・失行・失認など
周辺症状:抑うつ不安、睡眠障害、徘徊、介護抵抗、幻覚・妄想、興奮・攻撃など

アルツハイマー型認知症:脳の神経細胞にアミロイドβというタンパク質がたまり、神経細胞が損傷・脱落して発症すると考えられています。若年期発症は進行が早いですが、通常はゆっくりと進行し、脳の萎縮を認めます。当初は社会性が保たれるため、ご家族にしか気づかれない事があります。進行すると健忘から盗られ妄想が出現することがあります。

レヴィー小体型認知症:レヴィー小体というタンパク質が脳の神経細胞にたまり、神経細胞が損傷・脱落して発症すると考えられております。日によって認知障害の程度が変わり、転倒しやすく、人物誤認や幻想が出現することがあります。
血管性認知症:脳梗塞や脳出血により神経細胞への血流が途絶える事で神経細胞が損傷して発症します。損傷が出現した部位によって様々な症状を呈します。

その他にも、前頭葉・側頭葉が主に萎縮して、怒りっぽく性格が変化したり、万引きなどの社会ルール違反を犯すことのある前頭側頭型認知症や他の神経疾患に伴う認知症があります。また、ある種の薬剤の影響や、甲状腺・下垂体などから分泌されるホルモンバランスの崩れ、転倒後しばらくしてから発症することのある慢性硬膜下血腫、電解質バランスの崩れなどにより認知症のような症状が出現することがあります。

パニック障害

よく見られる症状

心臓がドキドキする・汗が出る・体が震える・息切れ・窒息感・胸の痛み・吐き気・おなかの不快感・めまい・ふらつく感じ・恐怖感

パニック障害とは、突然何のきっかけもなく動悸、息切れ、呼吸困難、めまい、吐き気などのパニック発作が起こり、これが何回も繰り返される病気です。通常の動悸や息切れなどの症状は、誰でも経験しますが、多くの場合多勢の前に出て緊張した、高いビルの上に上がって恐怖を感じたなど、発作を起こす何らかの原因があります。それに対してパニック発作は特別な原因もないのに起こります。そのため、「また、あの発作が襲ってくるかもしれない・・・」という不安がつきまとうようになり、一人で外出できない、電車に乗れない、など、日常生活に大きな支障をきたすようになります。

パニック障害

よく見られる症状

トイレのあと手がバイ菌で汚れているという考えにとりつかれる・外出した時に鍵をかけたか不安になる
上記のような考えが繰り返し起こる

強迫性障害とは、不安がひどくなり日常生活に支障をきたした状態をいいます。この病気の症状は、不安な考えやイメージが頭の中で繰り返し起こる「強迫観念」と、それを打ち消すために行われる様々な行為「強迫行動」です。代表的な症状には、何度も手を洗わずにはいられない”洗浄脅迫”などがあります。症状が進行すると、人間関係に悪影響が出たり、周りを巻き込み引きこもりのような状態になる場合もあります。こうした生活全般の影響から患者さんの3分の2にうつ状態がみられます。

社会不安障害(SAD)

よく見られる症状

ある決まった状況で常に不安・羞恥心・赤面やふるえ等が強い・強い不安があると、赤面、ふるえ、吐き気が出る・不安に感じる場面を避ける

社会不安障害(SAD)とは、「人前で何かをすることで、悪い評価をされるのではないか、又恥ずかしい思いをするのではないか」など注目を浴びる行動に不安を感じる病気のことです。他人に悪い評価を受けることや、人目を浴びる行動への不安により強い苦痛を感じたり、身体症状が現れ、次第にそうした場面を避けるようになり、日常生活に支障をきたします。ちょっと恥ずかしいと思う場面でも、多くの人は徐々に慣れてきて平常心で振る舞えるようになりますが、社会不安障害(SAD)の人は、恥ずかしいと感じる場面では常に羞恥心や笑い者にされるのではという不安感を覚え、そうした場面に遭遇することへの恐怖感を抱えています。思春期前から成人早期にかけて発症することが多いこの病気は、慢性的になり、人前に出れなくなると「うつ病」等の精神疾患になることもあり、現代社会では多くの患者さんを抱える一般的な病気です。

注意欠如多動性障害(ADHD)

よく見られる症状

不注意:不注意な間違い、話を聞いていない、忘れ物・落し物が目立つ
多動性:動きまわる、体をくねくね動かす、多弁
衝動性:順番を待てない、人の妨害や邪魔になる、質問途中に答える

成人の注意欠如多動性障害(ADHD)とは、「不注意」「多動性」「衝動性」を特徴とする発達障害で、日常生活や学習に支障をきたす状態をいいます。特徴として、「不注意」とは、細かいことに注意を払えないという注意力の欠如、注意を持続できない、周囲の刺激に気が散るなどです。「多動性」とは活動の過剰のことで、じっとしていることが苦手で、落ち着きがないなどです。「衝動性」とは、思いついた行動について、行ってもよいか考える前に行動してしまうなどです。通常、症状は幼少期から認められますが、集団生活の場で支障が出て初めて気づくことが多いようです。どの症状が現れるかにより、多動性-衝動性優勢型、不注意優勢型、混合型に分けられます。

カウンセリングについて
診療時間

休診日/日曜・祝日

担当医

電話:092-588-2444予約優先
初心者マーク
初めてご来院予定の方へ

お電話にて、ご予約をお願い致します。

  • 右の問診票をダウンロード後、印刷・記入し、お持ち下さると待ち時間が短縮できます。
  • 保険診療となっております。
    初診で3割負担の方で、2,500円程度です。(薬代別)
問診票ダウンロード