パニック障害

キーワード パニック発作 予期不安 広場恐怖 抗不安薬 抗うつ薬 認知行動療法 暴露療法
症状 突然理由もなく、動悸やめまい、発汗、窒息感、吐き気、手足の震えといった発作を繰り返し、生活に支障が出る病気をパニック障害といいます。
パニック発作は、死んでしまうのではないかと思うほど強く、また発作が起きたらどうしようかと不安になり、発作が起きやすい場所や状況を避けるようになります。
パニック障害では薬による治療とあわせて、少しずつ苦手なことに慣れていく心理療法が行われます。
詳しくは パニック障害について詳しく知りたい方は厚生労働省の「みんなのメンタルヘルス」サイトへ

詳しくはこちら