統合失調症

キーワード 陽性症状 陰性症状 幻覚 妄想 幻聴 自閉的 ドーパミン 抗精神薬
症状 統合失調症は、こころや考えがまとまりづらくなってしまう病気です。統合失調症には、幻覚、妄想、幻聴といった陽性症状と、自閉的になる陰性症状があります。
独り言を言っている、実際はないのに悪口を言われたなどの被害を訴える、話がまとまらず支離滅裂になる、人と関わらず一人でいることが多いなどがサインとして表れます。
早く治療を始めるほど、回復も早いといわれていますので、周囲が様子に気づいたときは早めに心療内科や精神科に相談してみましょう。
詳しくは 統合失調症について詳しく知りたい方は厚生労働省の「みんなのメンタルヘルス」サイトへ

詳しくはこちら